仮想通貨とは?アルトコインとは?未来はどうなる?

仮想通貨といえば投資として考えられている人が多いと思いますが、今回は投資という側面ではなく、仮想通貨とはなんなのか?またビットコインはわかるけど「アルトコイン」とはなに?と思っている方もいるかもしれないので、解説していきたいと思います。

仮想通貨とは?

簡単に言ってしまうと

・紙幣や硬貨といった実体がないデジタルの通貨
・特定の国家や企業による保証のない通貨

というものになります。日本では紙幣として1万円札・5千円札・2千円札・千円札というものがありますが、これは日本国によって価値を保証しているがためにお金として利用できるようになっています。

ですが、実際はただの印刷された紙です。

日本という国がもし無くなってしまえば何枚持っていてもお金としての価値は消えてしまいます。

反対に保証している限りはその紙幣は紙くずではなくお金として扱われるということになります。保証している通貨のことを「法定通貨」と言います。

反対に仮想通貨はどこにも保証がされず需要と供給によって価格変動が起きているというものになります。

仮想通貨と暗号通貨の違いとは?

・仮想通貨
・暗号通貨
・暗号資産

などと別々に呼ばれていますがこれらは結論からいうと同じものとなっています。仮想通貨を暗号などを使って安全性を高めたものを「暗号」と言っているだけなので本質としては全て同じなので分けて覚える必要性はないでしょう!

ビットコインとアルトコインとは?

仮想通貨といえば「Bitcoin(ビットコイン)」と思われると思いますが、それ以外にもたくさんの種類の仮想通貨がありますが、「Bitcoin(ビットコイン)」を除いた全ての仮想通貨をまとめて「アルトコイン(Alternative Coin)」と呼びます。代替のコインということでアルトコインとまとめて呼ばれています。

アルトコインとはどんなものがあるのか?

では、そのアルトコインとはどんなものがあるのでしょうか?現在市場には1,000種類を超えるアルトコインが存在しているので全て紹介はできませんが、有名なものなどを数種類だけ紹介していきたいと思います。

・Ethereum(イーアリサム)
・Ripple(リップル)
・Litecoin(ライトコイン)
・Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
・Ether Classic(イーサリアムクラシック)

こちらが現状有名なものになります。他にもまだ有名なものなどたくさんありますが、紹介するだけで終わってしまうくらいたくさんありますので今回は勝手に選んで紹介させて頂きました。

国産のアルトコイン

日本国内で作られた仮想通貨というものもあります。それらも少しだけ紹介します!

・Monacoin(モナコイン)
・Bitzeny(ビットゼニー)
・sakuracoin(サクラコイン)
・Fujicoin(富士コイン)

まだまだ国産の仮想通貨だけでもたくさんあります。どれの仮想通貨の価値が上がってくるかはわかりませんが安いうちから何点か購入しておくというのも一つの手かもしれません!

将来お金の在り方が変わるかもしれない「リブラ」とは?

現在仮想通貨といえば投資目的として利用している人がほとんどだと思います。ですが、仮想通貨とは日常生活で使えるための通貨であるべきという思いから「世界共通のお金」として現在作られている仮想通貨が「Libra(リブラ)」というものになります。

制作にはFacebookの創業者「マーク・ザッカーバーグ」氏が主体となって大手27企業の協力のもとでおこなっています。

ただの仮想通貨を作るのではなく、価値が安定していて日常生活にも使える通貨としての価値を持たせるというものとなっています。

そして現在世界には17億人の人々が銀行口座などの金融機関のサービスを受けられないということがわかっています。

ですが、この「Libra(リブラ)」は銀行口座を必要としない「デジタル通貨」としての価値があるのでネット環境さえあれば資産を使って送金や決済などがおこなうことが可能となっています。

銀行口座のような金融サービスを間に挟んでいないため、海外送金もいつでもすぐおこなうことができ、更に手数料も格安で送金することが可能となります。

現在はまだ利用することができませんが、2020年の後半くらいに使えるようになるとのことなので今はまだ待つしかありませんが、これが出てくれば世界のお金の在り方は全く別のものとなるかもしれません。

これから先、紙幣や硬貨などの目に見えるお金はどんどんなくなっていくという未来がすぐそこまできているかもしれないですね!