オンラインカジノ

オンラインカジノは違法ではないのか?

オンラインカジノをプレイしたことがないという人はオンラインカジノをプレイしても大丈夫なのか?という心配があると思います。そこで今回は「オンラインカジノは違法ではないのか?」をテーマにまとめていきたいと思います。

オンラインカジノの違法性について

結論からいうと、オンラインカジノは「国際カジノライセンス」を取得して運営されているところは海外政府公認で運営されているため「合法的に運営されている」ということになります。
ですが問題は日本在住のプレイヤーがプレイすることは合法となるのかどうかになると思います。それに関してはなんとも言えません。その理由は「インターネットに関する日本の法の整備がまだまだ不十分」のためです。
日本に在住している人が海外サイトを使うことは問題となりません。そこで「オンラインカジノ」や「スポーツベット」といったギャンブルサイトは禁止という法律があれば日本からのアクセスは禁止となりますが現状日本の法律ではそういったものがありません。そのため日本の「賭博法」が適応されるような形となります。

日本の賭博法は刑法185条「単純賭博」と186条「常習賭博および賭博場開帳等図利」というものになります。これは基本的に胴元である「賭博場」を開いたものを逮捕するための法律とも言えるでしょう。
その理由は「賭博場」と言えばどんなイメージがありますか?日本人ならば一度はドラマや映画などで見たことがあるであろう「半丁」をやっている賭場を連想しませんか?これを開いていたのは「ヤクザ」などと呼ばれる反社会的組織になります。この「賭場」を潰すことによってヤクザの資金源を奪うことが目的でした。そのため胴元であるヤクザと一緒に賭博をしていた客を捕まえるということが前提となっている法律になっています。警察の「賭博事犯捜査実務でも「賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的とする」という前提である旨が書かれています。

オンラインカジノの場合、胴元である運営企業は海外にあります。日本では違法とも言える行為ではありますが、海外でライセンスを取得して合法的に運営している証明を持っているため日本の法律では裁くことが出来ません。そのため日本政府や警察は「オンラインカジノ」のことは知ってはいますが、現状はプレイヤーを捕まえるということが出来ないような状況にあります。

オンラインカジノは合法的にプレイできるということなのか?

日本の警察はプレイヤーを捕まえれないということは合法的にプレイすることができるのか?と聞かれるとそういうことでもありません。なぜなら今までに捕まった人がいるためになります。捕まった人たちがいるということは「違法」ということでもありません。日本では逮捕されたあとで裁判にかけられて「有罪判決」を受けて初めて罪となります。
日本人プレイヤーで捕まった人たちが何人かいる中で「有罪判決」になった人は未だかつて誰もいません。捕まった人たちは「不起訴」か「略式起訴」によって「有罪」にはなっていないということで前例がないということになります。

これによって曖昧なことしか言えないという状況になってしまいます。つまりは合法でも違法でもない「グレーゾーン」ということになります。逮捕されることはあるかもしれないが有罪になる心配は今のところないために「白に限りなく近いがグレーゾーン」であるということを忘れてはいけません。

不起訴や略式起訴の人たちはどうなった?

オンラインカジノをプレイしていて逮捕された人たちの多くは裁判で争おうともせず「略式起訴」というものを受けました。これは交通切符を切られた時と同じで罪にはならないが「罰金刑」して受け入れました。
ですが、1人だけ「略式起訴」には納得せずに裁判で争う姿勢を取りました。そのプレイヤーの主張は「法律に基づいていない不当な逮捕だ!」として争った結果、不起訴処分ということになり、罰金もなしの無罪ということになりました。
これによってオンラインカジノでプレイしているだけならば「逮捕されることもあるかもしれないが罪になることはない」という前例が出来ました。

法律が変われば違法や合法とはっきりされるかもしれない

今の日本の法律では「白に限りなく近いグレーゾーン」ではありますが、日本の法律は日々変わっています。日本にもランドカジノと言われる実店舗型のカジノができる法案、通称「カジノ法案」が通ったことで日本にもランドカジノができることになりました。これも法律が変わったことで建設に向けて大きな1歩となりました。ランドカジノができることで「オンラインカジノは禁止にする」という法律が作られてもおかしくありません。
反対に日本のランドカジノが「オンラインカジノ」をオープンするということもあるかもしれません。
そのためオンラインカジノをプレイするのであればオンラインカジノだけではなく「カジノに関する日本の法律」に敏感になっておく必要があるともいえるでしょう。

オンラインカジノの違法性のまとめ

オンラインカジノは現状「グレーゾーン」とわかった上でプレイしなくてはいけませんがプレイヤー人口は年々増加傾向にあります。
オンラインカジノをプレイしただけで逮捕されてしまうのであれば数十万人から数千万人の人が逮捕されてしまうということになります。そのためプレイしたからすぐに逮捕されるということはないと思いますが、SNSでオンラインカジノなどのプレイをしていることを公開するのはオススメしません。
これによって警察などに目を付けられるということもあるかもしれません。