初心者はFXレバレッジを理解して使おう

レバレッジを覚えるということは、FXを最大限いかし活用できるものになります。ですが、一歩間違えれば大損となりますので注意が必要です。

そのためには「レバレッジ」とは何かを知り、メリットデメリットを理解した上で自分の財産とも相談しながら使用するようにしてください。

レバレッジとは?

レバレッジ (leverage)とは日本語にすると「てこ」や「テコの原理」などと訳されます。自分の資産を一時的にテコのように底上げしてくれるというものになります。

イメージでいうと「お金を担保に、お金を借りてトレードする」といったようなものになります。

メリット

FX取引には少ない金額でもできるというのが魅力になります。

投資を行う際に必要となるものが資産です。100万円を投資しようとした時にはその100万円が当然必要となります。

ですが、「レバレッジ」を使うとその資産の何倍ものお金で投資が可能となります。

10万円を用意し、「レバレッジ」を10倍にして取引すると100万円を用意して取引したときと同じ取引ができるというものになります。

デメリット

「ハイリスク」というものが最大のデメリットといえます。100万円の投資で200万円の損失を出してしまうこともあり、この「ハイリスク」というものがFXの怖さであり、投資が怖いと言われるところだと思います。

証拠金とは?

レバレッジを使用する際に必要な「口座準備金」とも言われるものになります。先ほど「お金を担保に、お金を借りてトレードする」という説明をした「担保」の部分です。

国内で取引できるレバレッジは25倍になるので、100万円のレバレッジをしようとすると4万円を口座に入れておけば、100万円として取引が可能になるということになります。

100万円を使って取引できますが、自分の予想とは反して為替レートが動いた場合は「証拠金」である4万円分以上の損害が出そうな場合は、追加証拠金が発生したり、強制ロスカットとなってしまいます。

ロスカット

「証拠金」として口座に入れてあるお金以上の損害が出た場合はそれ以上の損害が出ないように取引を自動で売買することを「ロスカット」といいます。

そのあと値上がりして利益が出るような為替レートが動いたとしても、取引を売買してしまっているのでプラスになるようなことはありません。

「ロスカット」を使えば少ないお金で儲けが出せる?

結論からいうと、全くそんな甘いものではありません。

為替レートとはどう動くかがわからないものです。普段はゆっくり値動きしていたのに突然上昇したり下降したりなどもあり、そうなると「ロスカット」が追いつかず、決済した時には「証拠金」以上のお金を払わなければいけないということもあります。

「ロスカット」は万全ではない。投資には「リスク」がつきもの。

これを忘れてはいけません。

追加証拠金

予想とは反して為替レートが動いた際に「ロスカット」がすぐ行われる訳ではなく、「追加証拠金」というものを投入すれば強制決済されてしまう「ロスカット」を防ぐことができます。

レバレッジは何倍まで使えるの?

国内FX会社での個人口座の倍率は25倍までとなっています。これは国内には規制があり、金融庁からの指示でどこの会社もそうなっています。

ですが、国内のFX会社で100倍までの「レバレッジ」を受けれるところがあります。それは法人口座のみとなり、個人ではなく事業として行っている会社で使用することができる倍率となっています。

なぜ個人はダメで法人ではいいのか

個人でやっている人は「レバレッジ」をしっかりと理解し、使いこなせる人なのか?という点では証明するすべもありませんしわからないので、個人での使用は25倍までと決められているようです。

法人の場合は、事業としてやる分きちんと「レバレッジ」を理解してやっているだろうという信用と、事業でやる取引金額などが個人よりも多いことがあり、個人と法人を分けられています。

投資は「ハイリスク・ハイリターン」

海外を見ると個人で使える倍率は100倍や高いところだと1,000倍の「レバレッジ」と使用できるところもあるようですが、予想と反したレートが動いたらすぐに「ロスカット」になってしまったり、それでは足りないという事態に陥ってしまいます。

投資で富を築いた人もいますし、富があった人が破産したという両方がいる世界です。

誰でも儲かるような甘い世界ではありません。キチンとリスクと向き合い、無理のない投資から始めて行くのがいいでしょう。