株式投資とは?株ってなに?株ってどこで買ってなんで動くの?

株式投資は初心者でも始めやすくわかりやすい!なんていいますが本当にそうでしょうか?

上場している株式を購入できるって言ってもなにがなんだかよくわからない!という人結構いると思います。

そこで今回は「株式投資とは?」をテーマにまとめてみました!

そもそも株式会社とは?

そもそも株とは一体なんのためにあるのでしょうか?そこから考えていきましょう!

会社にはいくつかの種類があります。「株式会社」「合同会社(LLC)」「合資会社」「合名会社」と4種類があります。

会社として事業を行う時に必ず必要になってくるのが「お金」ですよね?
そのお金を調達してくるのに2つの手段があります。

・銀行からの融資を受ける:銀行にお願いをしてお金を借りる代わりに利子を払いながら返済をしていくという手段となります。
・出資者(株主)に株式を発行することで資金調達をする:出資者からお金を受け取り株式を発行するという手段になります。

株式会社とは出資者からお金を集めて事業展開を行っているために出資者のことは「株主」とよび会社のオーナー的な存在となります。

株主から集めたお金は借りたのではなく、もらったということになるので利子がつくこともなく、株主に返す必要もありません。ですが、ただ出資してくれるという人はいないので、会社として利益を出した時に「配当」や「株主優待」などのサービスをしてお返しをします。

なぜ株価は動くのか?

株価は常に変動しています。でもなぜ株価は動くのでしょうか?

それは常に動いている株価は常に誰かによって売り買いされているために価格が変動しています。

例えばトヨタ自動車が新車を1台100万円で発売をしました。でも1台も売れなかったら値段はつきません。

でも限定車として1台しか作っていない車を購入したい人が大勢集まってくればその値段はどんどんオークション形式で上がっていくということになります。

株もそれと同じようなことが起きていて、1株1,000円が100株しか発行していないのに対して10,000円でも買いたいという100人がいたとすれば「株価」はどんどん値段が上がっていきます。売りたい人に対して買いたい人が多くなると株価は上がっていき、反対に買いたい人に対して売りたい人が多いと株式は下がっていきます。

どんな会社の株も買うことができるのか?

どんな地域にも近くに「株式会社」は近くにありますよね?その株式会社の株の買うことはできるのでしょうか?

答えはNOです。

株にも二種類のものが存在しています。

・公開株:誰でも自由に売買できる株のこと
・未公開株:一部の人などしか売買出来ない株のこと

になります。株を取引できるのは「証券取引所」というところになります、「証券取引所」で売買ができるようにすることを「上場」するといいます。

つまりは「証券取引所」で取り扱っている株しか自由に売買することが出来ないということになります。

株を買う方法とは?

株を取り扱っているのは「証券取引所」といいましたが、日本には5つあります。

・東京証券取引所:東証
・名古屋証券取引所:名証
・福岡証券取引所:福証
・札幌証券取引所:札証

の4つと普通の株式の売買を行っていない「大阪証券取引所」を合わせて5つになります。

その中でも「東京証券取引所:東証」はさらにわかれています。
・第一部:東証一部
・第二部:東証二部
・マザーズ
・JASDAQ(ジャスダック)

となっています。

証券会社が間に入っている

証券取引所で株の売買を行うことができるようになっていますが、売りたい人を探すことや買いたい人を探すのは大変なので間を取り持ってくれるのが「証券会社」ということになります。

株を買いたい人も売りたい人も証券会社の口座を持っていてそこから株の売り注文や買い注文を行うことができるようになっています。

なぜ株式投資が初心者に向いていると言われるのか?

初心者が投資を始めるというと「株式投資」から始めようなんていう人が多くいますがなぜそんなことをいうのでしょうか?その理由を探ってみました。

少額から始めることができる

まずはじめに少額から投資を始めてみるということができるのも一つのポイントになっています。

FXなどの外国為替の方がもっと少ない金額から始めることが可能となっていますが、株式投資も資産運用として少額で始めることができる投資と言われています。

株主優待を受けられる

株主優待がここ最近では特に注目を集めているので株主優待を目当てで株を購入するという人もいるようです。

この株主優待制度は日本独自の文化で、これは会社から「うちの会社の株を買ってくれてありがとう!」というような気持ちを込めて自社製品や商品券、お米などを送ってもらえるというものになります。

東京ディズニーランドなどを運営しているオリエンタルランド社が株主優待として出しているのが「東京ディズニーリゾートのパークチケット」というのはとても有名な話です。

会社に利益があると配当金がもらえる

株式を購入した会社の業績がいいと株を持っている人に「配当金」というものがもらえるようになります。

これは株を多く持っていればそれだけ多く「配当金」をもらえるようになります。業績がよくないと「配当金」は出せないこともありますが、資産運用として「株主優待」と「配当金」を合わせると年利10%を超える企業もあるようです。

株式投資をするならばその会社を知ろう!

株式投資を行っているようなトレーダーなどは値動きだけをみて売り買いする人もいますが、初めて株を購入してみようと思うのであればまずは知っている会社を選んだり、購入する前にどんな会社でなにをしているのか?などを知ってから購入するようにしましょう!

少額とはいえ株を購入するということはその会社のオーナーの一部となったと同じなのでその会社を知って興味を持つようにしましょう!

そうすれば違う気になる会社が出てきたらその会社の株を買うということもできるのでまずはネットで調べてみるということをオススメします!